まなびのコミュニティ協会 | 「まなびあう」「つながりあう」に基づく教育プログラムなど行う実践コミュニティ

「まなびあう」「つながりあう」に基づく教育プログラムなど行う実践コミュニティ

TOP >  書籍紹介

アクティブラーニングを創るまなびのコミュニティ~大学教育を変える教育サロンの挑戦』

(2016年7月 ナカニシヤ出版より発行予定)

まなびのコミュニティ協会の前身ともいえる「教育サロン」では、
これまでに数々のテーマで「まなび」が語られてきました。
このたび、それらのテーマをまとめた書籍が発行されることになりました。
「授業を語れば、教育は変わる!」を合言葉に、授業改善・入試改革・学習支援に取り組む
7人の大学教職員のストーリーを収録。大講義室における200人規模のグループワーク方式の授業、
「選抜型」から「育成型」へと舵を切った入試選考など、新たな視野を広げるエッセンスが詰まっています。

1章 教育サロンのこれまで
2章 授業改善・教育改革に取り組む「個立」する大学教職員のストーリー
   2-1 自分が変われば授業と学生が変わる〜賽は投げられた 松山大学 教授 熊谷 太郎
   2-2 職員として学生の学びにかかわる喜び
     名古屋学院大学 学生支援課長 小山 由美子
   2-3 学習態度を刺激する授業改善
     大手前大学 准教授 本田 直也
   2-4 “自分”が変れば“教育”が変わる〜“教員”という鎧を脱いではじめて“教員”になった
     日本赤十字豊田看護大学 准教授 川島 美保
   2-5 授業するって楽しい〜大学教師、30年目の実り
     岡山理科大学 教授 滝澤 昇
   2-6 還暦を過ぎて授業を変える!?〜大学での「漢文入門」の授業改善
     大東文化大学 教授 門脇 廣文
   2-7 日本の大学入試を今一度せんたくいたし申候
     〜一人ひとりと向き合う「育成型」入試への挑戦
     追手門学院大学 入試課 アサーティブオフィサー 志村 知美 
3章 教育サロンのこれから