まなびのコミュニティ協会 | 「まなびあう」「つながりあう」に基づく教育プログラムなど行う実践コミュニティ

「まなびあう」「つながりあう」に基づく教育プログラムなど行う実践コミュニティ

TOP > 

第40回教育サロンin関東 「 努力はドラゴンボール効果/3年、3回、3人の法則」

2017年09月30日

第40回教育サロン in 関東  教員×職員×学生

1回言って皆が理解するなら「教師」は要らない! 
わからせるように工夫できるのが「教師」。
~経験から学んだ「 努力はドラゴンボール効果」「3年、3回、3人の法則」~

◆開催日
9月30日(土) 13:00~18:00 (受付 12:30~、情報交換会 18:30~)
◆会場/共立女子大学・短期大学(2号館702教室)
(東京都千代田区一ツ橋2-6-1)
◆参加費/無料 (情報交換会のみ 会費:4000円)

【話題提供者】 福岡大学 工学部教授 山口住夫氏
新入学生は、大学を「教えてくれる」場所と思って入学してきます。入学して初めて「大学の勉強は、高校とは違う = 自分で疑問を持ち、自分で調べ、考える」と告げられますが、その後、そのような勉強を習慣づけるための指導はほとんどなされていないのが実情のようです。手取り足取りの指導をするのではなく、やったことによって学生が「大学の学び」ができ、「学びの歓び」にふれることができる授業を目指しています。授業のやり方も一つだけやっても効果は出ない、いろいろと考えられることをすべてやって初めて効果が表れます。日々、試行錯誤の連続で、経験から学んだ教育の法則「努力はドラゴンボール効果」「3年、3回、3人の法則」などを紹介します。

【山口先生からのメッセージ】
教師がやるべきことは、すべてを教える事ではなく、学生が自分の能力を引き出せる環境や
条件を与えてやることだろうと思います。学生の感性や能力は個々に異なるので、誰が何に
反応するかはわかりません。教師が自己の感覚を研ぎ澄まして、自分の能力のすべてを
使ってやってみて、はじめて誰かが何かに反応します。表情やちょっとした動作にその糸口を
見つける感覚が必要です。

【山口先生プロフィール】
専門は流体工学。福岡大学工学部機械工学科卒業。工学博士。学生が主体的に学ぶ授業や日頃の学生との関わり方に強い関心を持ち、学内情報システムに教育支援システムを構築し、福岡大学教育開発支援機構・教育サロンを立ち上げてサロンマスターを担当、さらには九州教育サロンを立ち上げ・運営にも尽力されている。

★詳細はこちら⇒第40回教育サロンin関東のご案内⑥

★申込み★下記リンクよりお申し込みください
http://www.kokuchpro.com/event/salon40/

※『こくちーずPRO 第40回教育サロンin関東 9月30日』 でご検索ください!